「紀州うめぶた」のご紹介

人や自然にも、優しくて美味しい。
紀州の梅が育む、上質なブランド豚。

あっさりヘルシーな脂でありながら、上質な旨味を楽しめる紀州うめぶた。
からだにも優しい、豊かな美味しさは
豚も、人も、自然も大切にする、こだわりから生まれました。

STORY 1

紀州の梅が、健康的な豚を育み、優しさを届ける

紀州うめぶたは、和歌山産の梅酢エキス「紀州うめそだち」を混ぜた飼料で育てられています。

梅由来のクエン酸やポリフェノールなどの効果により、うめぶたは内臓環境がとてもよく、栄養を効率的に吸収しながら元気に育ち、病気への抵抗力が高くなります。

そのおかげで、脂臭くない旨味とさっぱりとした口当たりの良さが生まれ、一般的な豚にくらべてオレイン酸などの栄養素を多く含みます。
健康へのこだわりが、人のからだに優しく美味しい豚肉を育みます。

STORY 2

うめぶたには、環境への想いがつまっている

梅酢は、梅干しの生産とともに大量に排出されるものです。

以前は、廃液として疎まれていましたが、梅酢を脱塩・濃縮したエキス「紀州うめそだち」が開発され、健康に役立つ梅酢エキスへと生まれ変わりました。
梅酢エキスを利用することは、梅酢の有効活用につながり、廃液を少なくできます。

うめぶたの飼料は、無駄をなくし、環境を大切にしたいという生産者の想いからも生まれました。

STORY 3

美しい自然のなか、たっぷりの愛情を注ぐ

紀州うめぶたが育てられているのは、清流・日高川のほとりにある野田養豚場です。

上流には“美人の湯”と親しまれる龍神温泉があり、5月中旬にはホタルの飛び交う幻想的な景色に包まれます。

澄んだ水と空気、自然の美しさ、そしてたっぷりの愛情を受け、のびのびとストレスなく成長できる環境は、うめぶたの健康につながっています。

美味しさの特徴

さっぱりとした旨味が、広がる

梅酢エキスの効果で、 余分な内臓脂肪などを蓄えず元気に育った紀州うめぶたは、ヘルシーで低カロリー。
普通の豚よりも脂身が溶けやすく、さっぱりとした旨味が口の中に広がります。
くさみがなくアクも少ないので、しゃぶしゃぶやとんかつにも最適です。
コレステロールを下げる働きがあるオレイン酸をはじめ、ビタミンB1やたんぱく質などの栄養価が高いので、健康が気になる方にもおすすめです。

2012年度食肉産業展「国産銘柄ポ-ク好感度・食味コンテスト」 優秀賞

梅酢エキスの効果で、 余分な内臓脂肪などを蓄えず元気に育った紀州うめぶたは、ヘルシーで低カロリー。
普通の豚よりも脂身が溶けやすく、さっぱりとした旨味が口の中に広がります。
くさみがなくアクも少ないので、しゃぶしゃぶやとんかつにも最適です。
コレステロールを下げる働きがあるオレイン酸をはじめ、ビタミンB1やたんぱく質などの栄養価が高いので、健康が気になる方にもおすすめです。

プレミア和歌山に認定
和歌山ならではの、美味しく安全な豚肉として認定されました!

プレミア和歌山は、安全・安心で優れた県産品を、“和歌山らしさ”“和歌山ならでは”の視点で認定・推奨する制度です。
2018年に紀州うめぶたも認定され、和歌山だからこそ生まれた美味しく安全な豚肉として、県内外の方へ広くおすすめいただいています。